10/24「”妊婦さんのお役に立ちたい!”ひとたちの集い」を開催しました。

スタッフ・minaです。

「プレママ~妊婦さん~産後の”産む世代”の方々のために何かしたい
そんな代表・キノウチの秘めたあつ~い思いからスタートしたsee mom,be mom。
同じような思いを持っている方はきっとチマタに少なくないはず!というのが私たちスタッフの思いですが、なかなか出会い、つながり合うチャンスがありません

そこで24日に杉並区・浜田山会館で開催した「”妊婦さんのお役に立ちたい!”ひとたちの集い」

朝晩めっきり冷えるようになりお子さんも体調を崩しやすい季節、キャンセルなどもありドキドキしたのですが、生後4ヶ月の赤ちゃんと一緒のお母さんが、参加してくださいました
(←ともに生後4ヶ月の、参加者さんとスタッフのbaby。
ただそこにいるだけで癒してくれるbabies)



妊婦さんや赤ちゃんを連れたお母さんを見ると、何だか声をかけたくなってしまうという参加者さん。
ちょっとした声がけで力になれることがあったらと、気軽に参加してくださったそうです。

アットホームな雰囲気の中、貴重なご意見をたくさんいただきました。。。
「いわゆる、妊娠・出産に関する本は、一般的なことしか書いていない」「でも、どんなに自分の健康に気をつけても、妊娠・出産に“まさかの事態”の可能性があることも、知っておくべき」「(忙しかったり、様々な環境の中で健康管理や子育てがうまくいかず)ダメな妊婦、ダメな親だ。。。などと思ってしまったときに、気持ちを共有したり、対処法を知ることができる場が必要では」などのお話が出ました。
産前~産後・育児中の方々の交流の場が持つ意義は、正に、本やネットだけでは知ることができない、生の体験談聞いたり、相談をし合ったり、アドバイスを受けられたりするという点にあると思いました。

さらに、もっと具体的に、
・出産予定日が近づけば近づくほど、それぞれの妊婦さんが集いの場に求めているリクエストがあるはず:心身のリラックスの仕方、安産に向けて今できること、など
・産後少し落ち着いたお母さんは、まず赤ちゃんと外に出向いて色々お話できる場を望んでいるのでは?
などのご意見も、スタッフともども、自分自身のその時期を振り返りながら、大きくうなずいてしまいました。

妊娠・出産・育児は、非常にデリケートな部分も多く、アドバイスをもらいたいとき、逆に、そっと見守ってほしいとき、色々な心の状態があるのではというお話にも共感。
私たちスタッフも、自分たちはどんな情報・機会があったら、妊娠中・育児中に助かるだろう?ということをいつも自問自答しながら、さりげなくお役に立てることを目指して活動していければ理想だなぁと、あらためて思ったのでした。
活動していくことは、常に色々な方のご意見を伺って学んでいくことでもあります 
今後も、たくさんの方のご意見・アドバイスをいただけることが願いです。
よろしくお願いいたします。

ちなみに、スタッフと参加者さんの、簡単な遊びを取り入れた自己紹介ワークでは、全員が「お酒いけるクチ」であることも判明!
参加者さんの、ビールに関するマメ知識などに感動しつつ「授乳期間が終わったら、一杯やりたいぐらいですね~」と話すほど打ち解けられたのも、本当に嬉しい集いでした。

参加者さん・いるだけで集いの場を癒してくれた同席の赤ちゃん、充実したひとときを、本当にありがとうございました 

#スタッフ・キノウチからも一言・・・
 今回は相当実験的!な企画でした。
  自分たちと似たようなひととリアルにつながりあえたら
  お互いすごく励みになるはず!
  なんてステキ!と息巻いて立てた企画ではありましたが、
  反面、誰も来なかったらどうしよ・・・(^_^;)という思いもチラホラ。
  ありがたいことに、
  結果としては予想以上に密度の濃い実りある会になったなと思います。
  (手前味噌ですがっ)
  
  出たお話で印象的だったのは
  「”自然出産VS医療介入ありの出産”みたいな図式になっているのはどうなの?」
  という話題。
  これは私も最近すごく気になっています。
  自然なお産がいい、という流れが最近非常に大きくなってきています。
  それは参加者さん自身が「自分のお産」について考え、
  取捨選択する知識を持ったという意味でよいことだと思いますが
  それが高じて「医療介入があるお産はダメ」という空気まで
  はらんでしまっていることも否めません。
  参加者さんのおっしゃった
  「例えば、会陰切開によって命が救えることもあるわけだし、
  なによりもお医者さんはむやみに会陰切開をしているわけではないと思う」
  という認識は非常に大切だと思います。
 
  自分語りになりますが
  私自身、妊娠前に自然なお産という考え方に出会い、
  自然なお産を実践している産院で畳の上で子どもを産みました。
  その感動はやはり私の原点であり、
  自然なお産のもつ暖かさ・素晴らしさもしみじみ感じています。
  そんなわけで最初は”自然なお産にどっぷり傾倒→医療介入否定”な私でしたが、
  正直、いろいろなお産経験を知ることで、
  かなり中庸なところに落ち着いてきております。
  
  お産はひとによって大きく違います。
  同じ人でも一人目、二人目のお産はまた違うもの。
  そして、お産は計画通りには行かないのです。
  もし自然出産のみをよしとした思いのまま、
  土壇場で医療介入のあるお産になってしまったら、どうでしょうか。
  それはとても残念なことですが、
  産婦さんのこころの傷になってしまう可能性があるかもしれません。
  そこが”自然出産に傾倒→医療介入否定”な考え方の
  落とし穴なのではないかなと思うのです。
  
  see mom,be momの活動を通して、
  自然なお産だけではなく、
  崩壊寸前といわれる産科の現状、
  会陰切開等を代表とした医療処置のもつ意味など、
  様々な切り口から妊娠出産をバランスよく考えていくことがいかに大切かを
  日々感じています。
  そして自分で思うだけではなく
  その思いをこれから産む人たちに伝えて行かなくてはいけないなぁと
  強く思います。
 
  ・・・というわけで、一言どころか二言も三言も暑苦しく語ってしまいましたが
  妊娠出産に思いをもつひと同士、その思いをリアルに共有できる場を、
  これからもほそぼそー、とですが
  続けて行けたらいいなと思っています
  そして次回”妊婦さんのお役に立ちたい!と思うひとの集い”でも
  ステキな方々との出会い&つながりあいを楽しみにしております♪
  (minaさんも書いていましたが、
  ほんと、このまま居酒屋に流れたいくらいのメンツの
  楽しい会でございました
  
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
クラスの予定(クリックで詳細にジャンプ。)

調整中です。

お知らせ
●毎月、ご希望の方にクラス予定お知らせメールをお送りしています。登録希望の方はメールフォームからご連絡ください。
●「協力スタッフさん募集」随時OPENしています。チラシ置き、チラシ貼り、企画提案などなんでも大歓迎です。こちらもメールフォームからご連絡を。
プロフィール
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター・NARD認定アロマテラピーアドバイザーの2児(7歳&1歳ちょうど)の母が、杉並にて開いているちいさなクラスです。
親子向けアロマテラピークラス&妊娠出産産後育児にかかわるクラスを開いています。近隣エリアに住むこれから産むかもしれない人~妊婦さん~産後の方~先輩ママが考えあい、学び合い、つながり合い、その輪がゆるやかに広がっていくお手伝いができればと思っています。
リンク
see momおすすめリンクです。リンク名をクリック!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
tide&moon (千葉エリア)
ブログ内検索
RSSフィード