「お産選びマニュアル」著者・河合蘭さんの講演会に行ってまいりました。

スタッフ・キノウチです。

レポが大変遅くなりましたが、
11月2日(金)に新宿区の新宿コズミックセンターにて開催された
河合蘭さん講演会「出産~赤ちゃんとの出会い」に参加してまいりました

この講演会は新宿区地域家庭活動推進協議会主催・
プレママ講座「ハッピーママになろう!」(4回連続講演会)の中の
最初の講演会になります。

河合蘭さんといえば
「未妊-「産む」と決められない」「お産選びマニュアル」等の著作で知られる
出産専門のジャーナリストの方です。
キノウチも妊娠前~妊婦時代にはこの「お産選びマニュアル」を熟読!し、
また2人目に躊躇した時期には「未妊・・・」を何度も読み返したクチ。(って、未だに子は1人ですが(^_^;))
その河合さんの講演会に伺うのは初めて!楽しみ~!!というわけで、
プレママではありませんが(汗)喜び勇んで参加してまいりました。

河合蘭さん講演会1
現代のお産を取り巻く問題の概況に始まり
お産の準備(安産に向けて自分でできること)や助産師さんのお話まで大変内容の濃い2時間でしたが
全部のご紹介は無理(涙)なので、かいつまんでレポさせていただきますね

”産科医だけがお産の責任を持つのはおかしい”
”産科医だけがお産を支えられる人ではない”
”産科医、助産師、看護師、そして 本人、家族、行政、企業がそれぞれの責任を果たしてお産を支えよう!”という提言から始まったお話は、
低出生体重児の増加や高まる医療依存型のお産・産科医療体制のお話など
お産を取り巻く現状についての概況説明へと進んでいきます。
例えば低出生体重児は、
1975年頃には20人に1人の割合だったのが、2006年にはなんと10人に1人の割合にまで増加しているとのこと。
つまり、NICUはパンク状態になっている、ということなんですね。
低出生体重児増加の原因は救命技術の向上はもちろんのこと、
高齢出産の増加やそれに伴う体外受精の増加、
さらには妊娠高血圧症候群・子宮筋腫が増えているなどなど
さまざまな要因があげられていました。

そして、なんと言ってもこれはプレママ向けの講演会!ということで
話題は妊婦さん必見の「お産の準備」のお話へ。
河合さん直伝”自分でできる安産への道・子育てラクチンへの道への三大要素”をコンパクトにご紹介すると・・・

①「動く」こと
  昔の人は働きづめだったので、お産のために必要な筋肉がきちんとできていたが、
  現代人は逆。ほとんどが運動不足。
  なので、現代の妊婦さんはとにかく歩くことが大事。
  歩くことで体力がつくだけでなく、住まいの周辺を知り、地域を知ることができる。
  また身体の中を感じることができるようになる。
  地域を知り、身体を感じるセンサーを磨くことは、その後の子育てにも役立つ!

②睡眠
  早寝早起きがイチバン。
  最近はご主人の帰りが遅くてどうも早く寝ることができない妊婦さんも多いが、
  安産のため、ということで早寝が優先!ご主人に理解してもらって早く寝るべし。

③食事 
  食べ物は身体を育む基本。
  なのでこの時期、食事を大切にすることは非常に重要。
  なにも難しい料理をする必要はなく、基本的には和食で過ごすことがオススメ。
  和食の習慣がついていれば、
  やがて赤ちゃんが産まれて離乳期になっても、
  ひたすら野菜を取り分けてすり鉢ですればよいのでラクチン。

・・・う~ん、確かに!
安産のために頑張ったことは決して「お産で終わり」なのではなく、
きちんとその後の子育てにも活きていくものなんですよね~
参加の妊婦さんもこのお話にはかなり興味津々!
ほとんどの妊婦さんが身を乗り出したり、
忙しくペンを動かしながら聞いていらっしゃいました。

その後、助産師さんについてのお話に話題は移ります。
河合蘭さん講演会2

「助産師さんがくれるいちばんのもの、それは時間」という、
河合さんが感銘を受け、よく引用しているという言葉には、私もホロリ
確かに妊娠中って、「こんなコトお医者さんに聞いたらバカにされちゃうかな・・・」と思うときってありますよね。
ちょっとしたトラブルだったり、悩みだったり、
そんなあれこれを時間を取って聞いてくれ、
親身に寄り添ってくれる助産師さんの存在が
妊婦さんにとってどれほど大切か、
河合さんのお話を聞きながらしみじみ実感しました。

今回の講演会に参加するまでは
正直、自然なお産のお話がメインかな?と思っていた私ですが、
自然出産のみならず、現代のお産を俯瞰した内容も併せ持った、
とてもバランスの良い内容だったように思います。
(私からいわせれば、妊娠中にこの講演を聞けた妊婦さんがうらやましいです、ホントに・・・

最後に、河合さんが講座の中でおっしゃっていた心に残る一言をご紹介。

「これから子どもを育もうとするひとにとって一番大切なのは、
”赤ちゃんがすくすく育つような土作り(=身体作り)に命をかけること”。」
河合さんはそのことを、土作りから手間を惜しまずにしっかりと作物を育てていく有機野菜作りと同じ、ともおっしゃっていました。
お腹の赤ちゃんのことを思い、しっかりと命を育める自分の身体作り(=土作り)に目を向けること。
それは必ず、子育ての土台となり、今後に活きていく大切な財産になります。
河合さんのお話を聞きながら、
see momがこれから産む人に伝えたい思いも、まさにこの言葉と同じ根を持っているなと実感。
(エラそうですがっ
少しずつではありますが
”赤ちゃんがすくすく育つような土作り”のお手伝いができるsee momになれたら、と
そんなふうに感じた講演会でした。

#ちなみに河合蘭さん最新著書・「助産師と産む」も、妊婦さんにオススメの1冊です。ぜひ、ぜひ。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
クラスの予定(クリックで詳細にジャンプ。)

調整中です。

お知らせ
●毎月、ご希望の方にクラス予定お知らせメールをお送りしています。登録希望の方はメールフォームからご連絡ください。
●「協力スタッフさん募集」随時OPENしています。チラシ置き、チラシ貼り、企画提案などなんでも大歓迎です。こちらもメールフォームからご連絡を。
プロフィール
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター・NARD認定アロマテラピーアドバイザーの2児(7歳&1歳ちょうど)の母が、杉並にて開いているちいさなクラスです。
親子向けアロマテラピークラス&妊娠出産産後育児にかかわるクラスを開いています。近隣エリアに住むこれから産むかもしれない人~妊婦さん~産後の方~先輩ママが考えあい、学び合い、つながり合い、その輪がゆるやかに広がっていくお手伝いができればと思っています。
リンク
see momおすすめリンクです。リンク名をクリック!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
tide&moon (千葉エリア)
ブログ内検索
RSSフィード