記事紹介 ~3割が連携病院確保できず 「助産所の危機」と訴え~

スタッフのminaです。
昨日に引き続き、お産現場を取り巻く記事の紹介です。

●●●2007/10/02 18:12 【共同通信】配信記事引用●●●
4月に施行された改正医療法で助産所に確保が義務付けられた緊急搬送先となる連携病院について、9月時点で確保できている助産所は58%にとどまり、34%は確保できていないことが2日、助産師らでつくる特定非営利活動法人(NPO法人)「お産サポートJAPAN」のアンケートで分かった。

既存の助産所には1年間の経過措置があるが、同会は「来年3月までに連携病院を確保できない助産所は廃業に追い込まれる恐れがある」としている。同会は医療法の関係規定の削除や、各地の中核病院を助産所の連携病院とすることを求める約16万人分の署名を近く国会に提出し、運動を進める。

調査は9月、全国の助産所322カ所に依頼し、90カ所が回答した。厚生労働省で会見したメンバーらは「助産所や自宅で出産したいという女性の選択肢を確保するためにも助産所を守ってほしい」と訴えた。
●●●引用終わり●●●


妊娠経過が順調で自分もおなかの赤ちゃんも良好な状態でお産に臨めたら、会陰切開や、吸引・鉗子(かんし)分娩、帝王切開などの医療措置がない自然な形のお産を望むことも自然なこと。
しかし、それはあくまでも、「母子ともに安全」であることが前提。お産の経過中に予期せぬトラブルが起き、妊婦さんの体調が悪化したり赤ちゃんの心拍が落ちた場合などには、緊急の医療行為が必要になることも、数多くのお産現場では、決して少ないことではありません。

しかし、法律上、助産師さんには医療行為をすることができません。
引用した記事中の「助産所や自宅で出産したいという女性の選択肢の確保」のためには、医療行為ができない助産師さんが対応できない不測のトラブルが起きたときの、万全の体制が、まずありきだと思います。お産を扱う助産院を支えるのも、何よりも安心感と信頼では。。。と思います。

しかし、その体制を確保しようにも、緊急事態に連携できるお産を扱う病院自体が減っているという現状。その現状が、助産師自体も減っているといわれる中、ますますお産を扱う助産院を、厳しい状況に追い込んでいるようです。

医療行為のなるべく入らない自然なお産、自分のなじんだ場所で家族ともお産の苦しみ・喜びを共有できる、自宅出産や助産院での出産は、これから妊娠を考えている方や妊婦さんたちにとっても、大きな関心事であったり、望むお産の形であったりすると思います。
出産という、お母さんと赤ちゃんの始めての大きな共同作業が、お母さん・赤ちゃん・ご家族・そしてお産を支える職業の方々みんなにとって納得いく形で実現するために、一朝一夕には解決できない問題ですが、みなさんと考えていく機会をこれからも持てますように。。。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
クラスの予定(クリックで詳細にジャンプ。)

調整中です。

お知らせ
●毎月、ご希望の方にクラス予定お知らせメールをお送りしています。登録希望の方はメールフォームからご連絡ください。
●「協力スタッフさん募集」随時OPENしています。チラシ置き、チラシ貼り、企画提案などなんでも大歓迎です。こちらもメールフォームからご連絡を。
プロフィール
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター・NARD認定アロマテラピーアドバイザーの2児(7歳&1歳ちょうど)の母が、杉並にて開いているちいさなクラスです。
親子向けアロマテラピークラス&妊娠出産産後育児にかかわるクラスを開いています。近隣エリアに住むこれから産むかもしれない人~妊婦さん~産後の方~先輩ママが考えあい、学び合い、つながり合い、その輪がゆるやかに広がっていくお手伝いができればと思っています。
リンク
see momおすすめリンクです。リンク名をクリック!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
tide&moon (千葉エリア)
ブログ内検索
RSSフィード